神戸新聞社 RECRUIT2023
ENTRY

先輩社員に聞く

デジタル推進局WEBエンジニア部

仕事にプライベートに
充実した日々

土井 敦史

DOI ATSUSHI

メディア局(現デジタル推進局)情報技術部配属。情報技術局情報システム部を経て、2011年3月からデジタル事業局技術開発部。2019年2月にデジタル推進局WEBエンジニア部に改称、WEBエンジニア部次長に昇進。2002年入社

  

 「新聞は読まないけど、毎日ネットでニュースは見る」。今の世代の学生さんの多くがこんな感じではないでしょうか。じゃあそのニュースはどこから生まれてくるのだろうかと一度考えてみてください。私たちは紙の新聞として誕生した時から営々とニュースを皆さんに届けています。伝える形態にネットというツールが加わっても使命は同じです。

 ニュースを含め神戸新聞のWEB配信に関連するシステム、テクニカルな部分を担う部門が私の所属する「WEBエンジニア部」です。

 神戸新聞社では兵庫県を基盤に全国級のニュースを扱う神戸新聞NEXTをはじめ、デイリースポーツオンライン、まいどなニュースなど多くのWEBサイトを運営しています。1秒でも早く価値ある情報を正確に届けるため、大規模アクセスを処理するためのシステム構築、運用管理をはじめ、ユーザーインタフェースの検討、WEBデザイン、iOS・Androidアプリの開発やIT企業向けの情報提供事業の技術サポートなど業務は多岐にわたります。

 サービス開発では協力会社や社内の部署を横断したプロジェクトマネジメント、インフラ構築・プログラムの実装など、システム構築工程における様々なフェーズで各人が得意なスキルを活かし、活躍しています。

 職場内の雰囲気ですが、上司や同僚全体で助け合い、効率良い仕事が行えるよう心がけており、繁忙期もありますが、メリハリの効いた仕事の進め方ができています。子供の急病や学校行事への参加など職場で柔軟に対応してもらえるので子育てや地域活動にもコミットしやすい職場です。大きなプロジェクトが終われば長期休暇を取る人も。男性でも育休を取得した人がたくさんいます。仕事にプライベートに充実した日々を過ごしています。

学生へ一言

IT系の技術専攻でなくても大丈夫。私たちの仕事は編集や営業といった他部門と連携しながら業務を遂行します。ミクロな技術的スキルだけでは成立しません。好奇心や創造性が豊かな人にも魅力ある職場です。だれもが先輩や仲間の手厚いサポートの中でIT技術を学び、コーディングやマネジメントができるようになります。変化の激しいネットの世界ですが、それだけにやりがいもあります。私たちと一緒に働いてみませんか。