神戸新聞社
ENTRY

仕事紹介

 

広告営業

メディアビジネス局では、新聞社の収入を支えるため、新聞広告をはじめとしたあらゆる「メディア」を日々セールスしています。

メディアビジネス局

新聞紙面の半分近くを占める新聞広告は、読者の生活に欠かせない生活情報であると同時に、新聞社の経営を支える重要な収入源です。メディアビジネス局ではそのような新聞広告営業を行うほか「もっといっしょに」を合言葉に、広告主とさまざまな事業を協働で行っています。
神戸の新しい地域資源として「神戸レザー」のブランディングをするためにフランス・パリで展示商談会を実施したり、地域の安全を守るために兵庫県警察本部と「ひょうごふれあいランニングパトロール(ふれパト)」事業を行ったり、地域のみなさまのお役に立てる事業となるよう心掛けています。

営業部

営業部は外勤部隊として、広告会社と連携しながら多岐にわたる広告主に対して新聞広告掲載や協働事業を提案し、営業活動を行っています。

イノベーション・パートナーチーム

2019年3月に発足したこのチームでは、新聞社の新たなビジネスモデルの構築と収益の創造にチャレンジしています。街のデジタルサイネージを生かしたネットワーク広告配信システム事業や、神戸ビーフの革を使った新たな地域ブランド作り、エネルギー視点で地域デザインを考える協議会の設立・運営を行う課題解決型の事業など、これまでの新聞広告の営業の枠にとらわれない新たな“メディアビジネス”をつくります。

広告整理部

広告原稿の審査校閲、広告の割付や入稿処理、広告料金の請求や入金処理など、広告紙面製作業務および管理業務を行っています。

企画推進部

各種営業事業の運営を担当するとともに、営業支援部門として営業活動のバックアップや調査、資料作成なども担当しています。
また、本社(神戸・姫路)以外では東京・大阪の2支社に営業部が置かれており、本社同様の各種営業活動を行っています。神戸新聞社メディアビジネス局は、広告媒体としての価値をさらに高めることを目指すとともに、幅広い視点で事業を行い、地域に根差した活動をすることで読者および広告主からの厚い信頼を得ていきたいと考えています。