神戸新聞社 RECRUIT2022
ENTRY

神戸新聞社を知る

社長メッセージ

TOP MESSAGE

「人をつなぐ」思い、新たに

 新型コロナウイルスによる感染拡大は、社会や経済のあり方を大きく変えようとしています。人と人の社会的な距離が求められるなか、人と人をつなぐメディアの役割は、これまで以上に大切になってきたと感じています。

 とりわけ地域メディアへの期待と関心を実感する今日この頃です。地元の病院をはじめ地域医療はどうなっているのか。地域の学校など地元の教育の現状は…。量と質において他紙を圧する地元情報を、紙とデジタルでお届けする神戸新聞として、コロナの時代を迎え、さらなる使命を与えられたと思いを新たにしています。

 明治の創刊から123年、神戸新聞は元号で数えて5つ目の時代に入りました。この間、大正の米騒動、昭和の空襲、平成の阪神・淡路大震災と3度にわたり本社屋を失いながら、休むことなく発行を続けてきました。なかでも大震災は、地域にとってのメディアの役割、記者の存在意義を問い直した出来事でした。

 その震災からちょうど四半世紀の年、コロナ禍が起きました。ウィズ・コロナ、アフター・コロナの時代を見据え、グローバル化の一方でローカルを見直す流れが強まっています。地産地消、地方自治、近場を旅するマイクロツーリズムなど、地域の力と魅力が問われる時です。地域メディアの役割があらためて試されています。

 今、さらにステージを変えようとしているのが、デジタル分野です。神戸新聞は地方紙の中でも先駆的にデジタル発信に力を入れてきました。電子版「神戸新聞NEXT」に続き、関西初の柔らかニュースサイト「まいどなニュース」を手がけ、多くの皆さんに利用いただいています。これらの経験を生かし、さらに踏み込んだ新商品、新サービスを目指します。

 グループ企業も多彩です。スポーツ紙「デイリースポーツ」を全国規模で発行し、ネットでは「デイリースポーツオンライン」が大好評です。サンテレビジョン、ラジオ関西、京阪神エルマガジン社や、神戸・三宮の「ミント神戸」でおなじみの神戸新聞会館など、計21社でメディアグループを形成しています。

 新たな分野にも乗り出しています。デジタル動画のサイトを運営する「ジェッソ」、古民家再生などでまちづくりをお手伝いする「PAGE」、スタートアップ支援の「ワークプレイス神戸」など、地元の自治体、大学、企業と手を結んだ取り組みで、地域の皆さんのお役に立てるよう総力を挙げます。

 こうしたチャレンジのバックにあるのが、自由な社風、気風です。中堅、若手の意見を積極的に吸い上げて、ここまで来た神戸新聞です。社員が働きやすい環境づくりを目指した「ワーク・ライフ・デザイン宣言」を掲げ、女性活躍や多様な働き方も後押ししています。

 これからの5年、10年。兵庫、神戸は大きく動く時を迎えます。都心では再整備が本格化し、2025年の大阪・関西万博に向けて神戸空港の規制緩和もテーマとなります。一極集中の弊害があらためて指摘される今、地域をどうアピールするか、地元メディアの正念場です。

 「私たちは公正に伝え、人をつなぎ、くらしの充実と地域の発展につくす」。創刊120年を機に神戸新聞社は社是を改定しました。コロナの時代を迎え、「人をつなぎ」の文言はさらなる今日的な意義を付け加えられたと考えています。若い皆さんの発想力と行動力を求めます。

神戸新聞社 代表取締役社長 高梨柳太郎